浅岡志保(客室乗務員)と古川佳伸(実業家)の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS エピソード200 代引き決済ができなくなる? 宅配や通販、百貨店が猛反発!

<<   作成日時 : 2009/01/06 09:13   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



インターネットやテレビ・ショッピングといった通信販売で

利用されている、代引きサービスが利用できなくなるかもしれないなんて話を聞くけど

どうも規制を検討しているのは、金融庁の金融審議会決済に関する

ワーキング・グループ!


消費者保護を唱える金融庁に、宅配業者や通販業界、

百貨店、さらには経済産業省や国土交通省までもが猛反発だけど、

金融庁は何を考えているのか?


背景には銀行界の事情があったそうだけど、金融庁の決済ワーキングは、

電子マネーなどの新たな決済手段などのありかたについて

総合的に検討している。問題は「為替取引に関する制度の柔軟化」の議論で起こったし、

騒ぎのきっかけは「代引きという仕組みは為替の一種ではないか」としたことらしいね!


利用者保護の観点から、銀行並みの規制と監督が必要とする銀行界の意見を

金融庁が採用した形!


つまり、「為替取引」をコンビニなどにも適用し、業者を金融庁の監督下に置こうとしたけど

背景には銀行界の事情があった。為替取引はどうしても「死守」したい業務!


融資が伸びず、「貯蓄から投資へ」の流れのなかで、基本的には預金も減少基調にあるから

収益源がなくなるなかで「為替取引」による手数料は収益を生む銀行固有の業務って事かな!


これに対し宅配業者や通販業者、百貨店やコンビニエンスストアらが猛反発してるし

日本通信販売協会は12月9日付で金融庁に反対意見書を提出。


「消費者にも利便性が高く、20数年間もなんの問題もなく行われているサービスを

新たに法規制の枠組みに組み入れることは、

企業の事業創出の意欲を失わせることにもつながる」としているし、

宅配便ヤマトの金融子会社・ヤマトファイナンスも、

「世のため、 消費者のために、代引きサービスには金融業としての規制を

かけるべきではない」と、 審議会の場で訴えたし、

これには、国土交通省も後押しし、自動車交通局貨物課は

「審議会では、代引きサービスがあたかも宅配便大手だけが行っているかのような

印象があるが、中小運送業者も提供しているのが現実。

一斉に法的な網をかけるようなことになっては、その存続すら危ぶまれる」といい、

実態を知らなすぎることに怒りを隠さないね!


為替制度からは除外する案が有力になってきたみたいだけど、

通販で商品を購入する人は増えているし、

日本通信販売協会の調べでは、

2007年度の売上高は3兆8800億円で、前年度に比べて5.4%の伸び!

そのうち、 代引きを利用している人の割合は33.8%で、

次いでコンビニでの支払いが23.6%だった。

代引きサービスが「為替取引」となれば、

犯罪収益移転防止法が適用され、家に届けられた商品が10万円を超えると

免許証などの本人確認ができる証明証を、

本人が宅配業者に提示しなければ、商品は渡してもらえないし、

家族が代わりに受け取ることもダメ。


受け取るためには委任状が必要だという。消費者にとっては、とんでもなく面倒になるって事だねえ!!





鋼の錬金術師 21 (ガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
荒川 弘

ユーザレビュー:
静かに始まるクーデタ ...
マンガもアニメも作者 ...
約束の日に向けて今巻 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エピソード200 代引き決済ができなくなる? 宅配や通販、百貨店が猛反発! 浅岡志保(客室乗務員)と古川佳伸(実業家)の日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる